PrivateInternetAccessを利用すればハッカーからの攻撃を防げるのか?【PIA】

この記事の所要時間: 123

今回の疑問

PrivateInternetAccess(PIA)などのVPNを利用すれば、ハッカーからの攻撃を防ぐことができるのでしょうか?

回答

ハッカーは、多くの場合、インターネット上の住所であるIPアドレスという情報をもとに攻撃をします。

通常、1つの回線につき、1つのIPアドレスが割り当てられています。

そのIPアドレスは、自宅の回線や職場の回線であれば、変動することはありません。

ちなみに、警察などの捜査当局もIPアドレスをもとに事件の捜査を行っています。

VPNを利用すると、あなたのIPアドレスを隠すことが可能になります。

ハッカーが知ることができるのは、VPNサーバーのIPアドレスだけです。

また、共有IPアドレスという仕組みもPrivateInternetAccessでは導入されています。

共有IPアドレスを利用すると、1つのIPアドレスを複数の人で同時に利用することができます。

そうすることで、個人を特定することが不可能となります。

例えると電車の改札

たとえるならば、電車の改札をイメージしてください。

ある事件で、20時に新宿駅の改札を通った人を探しているとします。

改札が1つだけであれば、簡単に犯人を見つけられますね。

この状態が通常のインターネットです。

しかし、改札が20個あれば、どうでしょうか?

犯人を見つけるのは非常に難しいですよね。

この状態がVPNを利用した場合です。

結論

VPNを利用すれば、ハッカーからの攻撃を防げる!!