中国でVPNを利用するのは違法なのか?中国旅行で逮捕されたら大惨事!!VPN違法性

この記事の所要時間: 121

中国でインターネットを利用すると、「グレートファイアウォール」と呼ばれる検閲システムを経由して、通信が行われます。

そのため、中国政府にとって都合の悪い情報などにはアクセスできなくなっています。

それだけであれば、旅行者にとって大きな問題はありません。

しかし、あなたがいつも利用しているTwitterやGoogleなどへのアクセスも禁止されています。

それを回避するためにVPNというサービスを用いる人が多くいるでしょう。

では、旅行者である私たちがVPNを中国国内で利用することは違法なのでしょうか?

結論

違法性はありません。

中国において、VPNの利用者を罰する法律はありません。

中国当局によって、不当な逮捕を逃れるためにはVPNの利用は不可欠です。

そもそも、VPNを利用すれば、通信は暗号化されるため「グレートファイアウォール」を利用しても、通信内容は一切読み取れません。

そのため、どんな情報をその人が発信・閲覧しているんかを中国当局は知ることが出来ません。

また、「ただVPNを利用している」という理由だけで逮捕することはできません。

なぜなら、中国で活動を行っている多くの企業はVPNなしでは業務が遂行できません。

事実、中国の経済を支えているのは、外国企業です。

それをすべて逮捕していては、中国経済にも打撃となります。

以上のような要因もあり、中国国内におけるVPNの利用は合法です。