匿名性を保つには、VPN専用パソコンを用意するべき!!その理由を徹底解説。

この記事の所要時間: 53

今回は、VPN専用パソコンの必要性について解説します。

多くの人は、VPNを契約した後、そのVPNをどのように利用していますか?

おそらく、いつも使っているパソコンにソフトをインストールして利用している人が大半だと思います。

しかし、そこには多くの危険性があります。

今から解説する危険性はパソコンだけでなく、スマートフォンにも当てはまりますので、スマホで利用する方は「パソコン=スマホ」に置き換えてください。

普段のパソコンでVPNを使う危険性

1.勝手に通信が行われてしまう

あなたが今、利用しているパソコンにはどんなソフトが入っていますか?

メールソフト,Word,Excel,LINEなど多くのソフトがインストールされている思います。

そういったソフトは、私たちが何の操作をしなくとも、勝手に様々な通信を行ってしまいます。

VPNを利用すると、自分のIPアドレスを隠し、VPNサーバーのIPアドレスでインターネットを利用できます。

例えば、あなたが「A」というIPアドレスを持つVPNサーバーを利用したとします。

「A」というIPアドレスを利用して、ある掲示板に書き込みをしたとします。

もし、その掲示板に書いた内容が国にとって都合の悪い内容であった際に、警察などが「誰がその書き込みをしたのか?」ということを捜査しようとするでしょう。

警察はその書き込みをした人を特定するために、まず掲示板の管理人に「この書き込みはどのIPアドレスからされたのか??」ということ聞きます。

そうすると、管理人は「AというIPアドレスから書き込みがあった」と返答をするでしょう。

もし、あなたがVPN専用パソコンでその書き込みを行っていた場合、仮に警察がAというIPアドレスを知ったところで、あなたを特定する方法がありません。

しかし、普段利用しているパソコンでVPNを利用していた場合はどうでしょう。

LINEを利用していた場合

例えば、LINEをパソコンに入れていたとします。

LINEでは常時通信が行われているため、あなたが掲示板に書き込みをした同時刻にLINEが「A」というIPアドレスを利用して通信が行われていることになります。

そうすると、警察には「AというIPアドレスを利用している人はこのLINEアカウントを持っている」ということがわかります。

LINEアカウントがわかれば、電話番号なども登録されているため、簡単に特定されていしまうでしょう。

メールソフトを利用していた場合

では、メールソフトをパソコンに入れていた場合はどうでしょうか?

これも同じく、掲示板にかきこみがあった同時刻に「A」というIPアドレスを利用してメールアカウントと通信が行われているでしょう。

そうすると、「AというIPアドレスはこのメールアカウントを利用している人が使っている」ということがわかってしまいます。

メールアカウントがわかれば個人の特定も非常に簡単に行われるでしょう。

以上が、勝手に通信が行われてしまうがために、匿名性がなくなってしまう危険性です。

もし、VPN専用パソコンを利用していれば、以上のことは避けられます。

2.突如VPNソフトがクラッシュしてしまう可能性

多くのVPNソフトでは、「キルスイッチ」という機能が搭載されています。

「キルスイッチ」とは「万が一、VPNソフトがクラッシュしたり、VPNサーバーとの接続が切れた際に、ネットワークを遮断する機能」のことです。

しかし、「キルスイッチ」も完璧ではありません

何らかの拍子に、「キルスイッチ」が働かずにVPNを経由しない通信が行われてしまう可能性もあります。

そうすると、あなたの匿名性は一切なくなります。

そういったことを防ぐには主に2つの方法があります。

方法1.クラッシュさせないようにする

ソフトがクラッシュするのは、多くの場合、他のソフトとの相性によるものです。

VPNソフトがパソコン内の「B」という領域を用いていたのに、他のソフトが無理やり「B」領域に侵入し、クラッシュすることがあります。

これを防ぐには、「不必要なソフトを利用しない」ことが重要です。

そのためには、VPN専用パソコンを用意し、ブラウザだけを入れていれば、そういった事態は避けられるでしょう。

方法2.万が一に備える

これは、先ほどあげた「勝手に通信が行われてしまう危険性」にも絡む内容です。

もし、「キルスイッチ」が機能せず、生のIPで通信が行われる状況になった際に、「意図しない通信をさせない」ことが重要です。

多くのソフトがインストールされているパソコンでは、意図しない通信が行われる危険性が極めて高いです。

しかし、VPN専用パソコンを利用し、限られた数のソフトだけを利用しておけば、万が一に備えて、意図しない通信を行わせないことが可能です。

以上が、VPN専用ソフトがクラッシュした際の危険性となります。

結論

もし、あなたが匿名性を重視してVPNを利用するのであれば、VPN専用パソコンを用意することは非常に重要でしょう。

それに合わせて、「どのVPNサービスを利用するか??」ということも非常に重要です。

いくら自分自身で対策をしていても、匿名性の低いVPNサービスを利用していては、何の意味もなくなってしまいます

以下の記事で速度・匿名性の観点からおすすめのVPNをランキング形式で紹介していますので、ぜひご覧ください。

【2017年版】有料VPNランキング!日本人に最適なVPNサービスはこれだ!速度・匿名性から分析!

ここだけの話、本当に匿名性を重視する方は「NordVPN」というVPNが最適だと思います。

NordVPNの圧倒的特徴!他のVPNとは違う5つのポイント!選ばれる理由はこれだ。

LINE@で問い合わせ
LINE@で問い合わせを受け付けています! どんなことでも、お気軽にご質問ください。 友だち追加

コメント

  1. go より:

    本日、誠に丁寧なアドバイスありがとうございました。
    診断結果を元に登録させていただこうと思っております。
    TunnelbearとExpressVPNとを比べるとやはり、ExpressVPNの方が速度の速さや、セキュリティなど質の高いものでしょうか?
    出来れば私のお伝えした使用目的にどちらが合致しているかアドバイスいただけないでしょうか?
    何度も質問申し訳ありません。
    何卒宜しくお願いいたします。

    • 管理人 より:

      はい。
      TunnelBearよりExpressVPNの方が速度・セキュリティの両方とも優れています。
      go様の使用目的には、ExpressVPNの方が適しています

      他にもご質問ありましたら、お気軽にコメントください。

  2. go より:

    迅速な返信、誠にありがとうございます。
    ExpressVPNを登録しようと思います。

    あと、使用者としては解約の仕方がやはり気になるところだと思います。
    主要なものの解約の仕方などを簡単に掲載していただければ、より登録に踏み切る閲覧者が増えるのかなと思います。
    掲載していただいているExpressVPNの解約の仕方は非常にこれから登録しようかなと思っていた背中を押していただきました。
    本当にありがとうございました。

    • 管理人 より:

      ありがとうございます。
      これからも、VPN情報局をよろしくお願いします。
      ExpressVPN以外の解約方法を解説するページも、増やしていく予定です!
      他にも、ご意見、ご要望がございましたら、お気軽にコメントください。

  3. go より:

    契約する時のクレジットカードの情報を入力する際の名前や住所記入欄は日本語ではなく、アルファベットで入力するのでしょうか?