Triblerは危険すぎた。ガチで安全性を解説。何もやってないのに逮捕されるかも!?

この記事の所要時間: 229

今回は、Triblerについての記事です。

Triblerとは?

Triblerは、匿名を保った状態でTorrentをダウンロードできるクライアントソフトです。

このクライアントソフトを利用すれば、あなたのIPアドレスを隠した状態でTorrentファイルをダウンロードできます。

Triblerの仕組みは?

一般的なTorrentダウンロードソフトであれば、あなたのパソコンと他人のパソコンとで直接ファイルの取引をします。

しかし、Triblerを利用すると、あなたのパソコンと他人のパソコンとの間に、数多くのパソコンを挟むことになります。

そうすることで「誰がどういったファイルを共有しているか?」ということがわからなくなります。

Torという仕組みを知っている人は、TorのTorrent版とでも考えてください。

Triblerの危険性

1.完璧ではなく、政府には従います

Triblerの運営元はホームページに大きく以下のような英語を記載しています。

Tribler does not protect you against spooks and government agencies. We are a torrent client and aim to protect you against lawyer-based attacks and censorship.

Triblerはあなたを政府などの機関からは保護しません。

私たちは、あなたを法律を元にした攻撃や検閲から守ることを目的としています。

また、以下のようにも書かれています。

Do not put yourself in danger. Our anonymity is not yet mature.

自分自身を危険な状態においてはいけません。

私たちの匿名性はまだ、発展途上です。

まだまだ、発展途上で匿名性には疑問が残ります。

2.見覚えのない罪で逮捕されるかも

Triblerを利用すると、「他人の通信があたかも自分がしているかのようになります。」

つまり、他人が違法ダウンロードをすると、あたかも自分が違法ダウンロードをしているかのようになります。

何もやっていないのに、警察から呼び出しがかかるかも知れません。

かなり、大きな問題です。

結論

Triblerは、匿名性を保ったままTorrentを利用することが可能です。

まだまだ、発展途上な仕組みで安全性も低く、そこには大きな危険性があります。

Torrentを匿名な状態で利用するには、他にも方法があります。

その中でも、VPNを利用する方法を当サイトではおすすめしています。

詳細は下記の記事で紹介していますので、参考にしてください。

TorrentをするならVPNが必須である3つの理由!VPNの必要性を解説!!

LINE@で問い合わせ
LINE@で問い合わせを受け付けています! どんなことでも、お気軽にご質問ください。 友だち追加