IPアドレスから何がわかるのか?IPアドレスを知られる危険性と仕組み

この記事の所要時間: 445

今回は、IPアドレスから何がわかるのか?

そして、IPアドレスの仕組みとそれが知られる危険性についての記事を書きます。

1.IPアドレスとは?

IPアドレスはインターネット上の住所のようなものです。

あなたが今、利用しているスマホやパソコンにもIPアドレスが割り当てられています。

基本的に、1つのIPアドレスに1つのパソコンが割り当てられています。

※実際には同じ家の中では同じIPアドレスが複数のパソコンに割り当てられています。

そうすることで、コンピュータ同士が通信を行えるのです。

手紙でたとえると?

IPアドレスを住所とし、コンピュータをその手紙の送り手・受け取り手が考えてください。

例えば、あなたがAさんと手紙のやりとりをしたいとき、あなたはAさの住所を知る必要がありますよね。

そして、その住所に向けて手紙を送ります。

IPアドレスでも同様です。

相手のIPアドレスを知り、そのIPアドレスに向かって通信を行います。

もちろん、通信速度は手紙の数万倍の速さで行われていますね。笑

2.掲示板の書き込みから特定できる

掲示板に書き込みをすると、その掲示板の管理者は「どのIPアドレスが書き込みをしたか?」ということがわかるようになっています。

しかし、仮にIPアドレスがわかったとしてもたいした情報を取得することはできません。

一般人がIPアドレスからわかる情報

  • 地域(都道府県)
  • 所有者(企業名など)
  • 通信プロバイダー

以上の情報を知ることができます。

多くの場合、都道府県までしか知ることが出来ません。

しかし、会社のパソコンですと、IPアドレスが記録されているデータベースにIPアドレスとその所有者の会社名が紐付けられている可能性もあります。

そうすると、IPアドレスから電話番号や住所なども調べる事ができます。

以上が一般の人がIPアドレスから知ることができる情報です。

では、「一般的な人」以外ではどこまで知ることができるのでしょうか?

「一般的な人」以外とは誰のこと?

「一般的な人」以外の人とは、国家権力の絡む組織のことを示します。

例えば、警察などです。

警察が掲示板から特定する手順

警察が実際に掲示板の書き込みを特定する際には、どういった手順で行うのでしょうか?

1.掲示板の管理人に問い合わせ

まず、掲示板の管理人に「書き込んだ人のIPアドレスを教えてください。」という問い合わせを行います。

この際に、管理人が素直に応じれば、警察も簡単に入手できます。

しかし、掲示板が海外で行われていた場合、そう簡単にはいきません。

日本国内で運営されていれば、日本の法律が有効なため、裁判所の命令があれば、その情報を提出する義務があります。

しかし、海外で運営されている場合、日本の法律は無効です。

海外の警察などの機関と協力しなくてはなりません。

その海外国が日本と仲の良い国であれば、協力できるかもしれません。

しかし、中国などの国や、そもそも日本と国交を結んでいない国の場合、そう簡単にはいきません。

仮に協力してくれたとしても、情報を入手するのに1ヶ月程度かかることもあります。

2.IPアドレスを元にプロバイダーを特定

IPアドレスを手に入れたら、次にそのIPアドレスからプロバイダーを特定する必要があります。

プロバイダーとは、私たちのインターネットの契約を管理している会社のことです。

スマホなどであれば、ソフトバンクやドコモ、Auなどのことを示します。

警察以外の組織でも、IPアドレスからプロバイダーを特定することは可能です。

3.プロバイダーに情報開示請求

次に、プロバイダーに対して「このIPアドレスを契約している人の個人情報を提供してください。」という依頼をします。

ただ、プロバイダーもむやみに個人情報を開示したりはしません。

一般的に、警察は裁判所に行って、裁判所命令として「この人の個人情報を開示しなさい」という命令を出します。

その命令があれば、プロバイダーは情報を開示する義務があります。

そうして、プロバイダーは「このIPアドレスの所有者はAさんで、住所と電話番号はこれこれです」というようなことを警察に伝えます。

こうして、警察などの国家機関はIPアドレスから個人を特定することができました。

まとめると

  1. サイト管理人にログを要求
  2. 入手したIPアドレスを元に、プロバイダーを特定
  3. プロバイダーにIPアドレスの契約者の情報を請求

以上の手順で、IPアドレスから個人を特定することが可能です。

VPNを利用すると?

VPNというサービスを利用すると、IPアドレスから個人の特定を防ぐことができます。

サイト管理人に警察がIPアドレスを教えてくれ!と頼んでも、VPNのIPアドレスしか知ることができません。

そして、そのIPアドレスを元にVPNに対して、情報開示請求をしても、NordVPNやPrivateInternetAccessでは、一切ログを保持していないため、「本当の利用者が誰なのか?」ということを知ることはできません。

興味のある方は、以下の記事でVPNランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【2017年版】有料VPNランキング!日本人に最適なVPNサービスはこれだ!速度・匿名性から分析!