VPNがログを一切保持しないことは可能なのか?3つの疑問を解説!!!

この記事の所要時間: 39

NordVPNなどのVPNサービスは、一切ログを保存していないと主張しています。

しかし、”本当は保存しているのではないか?”ということが多く言われています。

今回は、その疑問について解説します。

疑問1:ログを保存しないメリット

VPN運営会社がログを保存しないことには、大きなメリットがあります。

特に、NordVPNといった匿名性を売りにしているVPNサービスは、ログを保存していないということを大々的に主張しており、1つのセールスポイントとしています。

ログを保存していた場合、裁判所などからの公式な命令があった際は、所持しているログを公開する義務があります。

もし、ログを公開した場合、”~というVPN会社がユーザーのログを公開した”ということが記録され、公になります。

そうすると、そのVPN会社の信頼性は低下し、売り上げは激減するでしょう。

ログを保存しているのにもかかわらず、情報を公開しなかった場合は法律違反となってしまします。

そういったことを防ぐために、そもそもログを保存しないようにしているのです。

疑問2:すべてのVPNは少しは保存しているのか?

確かに、一部のVPNはユーザーの機密情報を一定量保存しています。

しかし、NordVPNでは一切のログを保存していません。

それがNordVPNと利用者との約束である とも記載されています。

疑問3:大規模なVPNでログを保存しないことは可能なのか?

まったく、ログを保存しないことは不可能です。

システム的に必要となるログや一部のトラブルシューティングのためにログを保存する必要があります。

しかし、ユーザーの情報とを結びつける情報を保存することとは話が違います。

ユーザーがVPNに接続するためにログインを行う際には、ユーザーのログイン情報が認証サーバーに送信されます。

そして、ユーザー情報が格納されているデータベースにアクセスし、情報を照合します。

情報が正しければ、そのユーザーをVPNに接続するのです。

VPNサーバーへの接続後は、”だれが接続しているのか?”ということは一切わかりません。

NordVPNは、以下の記事でこのように語っています。

We at NordVPN are thankful to all our users who have chosen us, and we truly hope that busting these popular myths will give you peace of mind. Our no logs policy is strict for a reason – NordVPN will always stand for a right to online privacy, and we seek to deliver our promise with honesty, transparency, and respect to every user.

NordVPNは、利用しているユーザーすべてに感謝をしています。

私たちは、以上の疑問点を解消し、あなたに心の安らぎを与えることを本当に願っています。

NordVPNは、常にオンラインプライバシーの権利を主張し、私たちは透明性、そして、すべてのユーザーを尊重して約束を果たすことを目指しています。

引用:https://nordvpn.com/blog/popular-myths-about-vpn-logging-debunked/