ICOが投資先となりえるのか?すべて失敗!?詐欺だらけなのか。

この記事の所要時間: 528

ICOとは、本質的には「ブロックチェーン上でお金を稼ぐ」という意味でのイニシャル・コイン・オファリングのことです。

ICOプロセスは簡単です。

Ethereum Smart Contractを作成するためのコードをいくつかコピーして(これについては後述します)、暗号化がロールインするまで待ってください。

気の利いたウェブサイトを参考にしたり、「ホワイトペーパー」(白書や年次報告書)のpdfを用いたり、経験豊富なマーケティングチームを活用することも便利です。

ICOという言葉は、IPOという言葉に意図的によく似せています。

しかしICOは、確立された証券取引所や複雑な規制申告書に依存しないため、書類作成のみで約1000万ドルを支払うとされるIPOよりもはるかに安く活用できます。

ほとんどの人は、例えば米国のIPOには簡単に参加することはできませんが、世界各地の人々がブロックチェーン上でICOの資金調達を行うことで、影響力のある個人や投資銀行経由でなくとも同じ価格で購入することができます。

■Ethereumブロックチェーンについて

ほとんどのICOは、基本的にBitcoinと同様の機能を持つEthereumブロックチェーン上で行われます。

Ethereumが使用する暗号通貨はEtherと呼ばれます。

しかし、Bitcoinとは異なりEthereumでは、いわゆるスマートコントラクトと呼ばれる、より複雑な取引タイプが可能です。

簡単に言うとスマートコントラクトは次のような流れとなっています。

スマートコントラクトの流れ

  1. スマートコントラクトのアドレスに1つのEtherを送信する
  2. お金はスマートコントラクトの所有者に転送される
  3. スマートコントラクトはトークンを作成し、送り返す

プロセスの最後に、投資家は実際のお金の代わりにトークンを受け取る。

投資家は株式証書のように利益を得るために、このトークンを互いに交換することができます。

しかし、株式とは異なり、トークンは通常、正式に会社の所有権を表すものではなく、所有者に利益を分配する資格を与えません。

■ICOトークン経済について

有形のものではありませんが、ICOの資金調達者は、トークン所有者に将来のアプリやプラットフォームを使用することを約束します。

トークンは、エントリーチケットまたはアプリ内支払いプラットフォームとして機能します。

すべてのアプリが独自のトークンを必要とする状況を想像するのは難しいです。

私たちはアプリを無料で利用しています。アプリケーションを使用する前に特定のデジタル通貨を取得するプロセスは面倒です。

いつか、アプリケーションを使用している間にトークンを自動的に取得するのは今より簡単になるかもしれませんが、トークンを支払いに使用するプロセスは、常に暗号化を使用するよりも高価になります。

■ICOの歴史

最初のICOは、Ethereumブロックチェーン自体の開発でした。

2014年に開発チームは、Crowdsaleと呼ばれるBitcoinで1,800万米ドルを調達しました。

Ethereumが2015年に立ち上げられたとき、投資家はトークンを交換し、取引してEthereumブロックチェーンで使用することができました。

Crowdsaleが始まったとき、Etherのコストは約0.3ドルでした

今日、Etherは約300ドルで取引されています。

今、注目すべきICO

最大のICOの中には莫大な金額のものがあります。

Braveは、ブラウザに分散した広告プラットフォームを構築するために、3千5百万ドルのEtherを30秒以内に調達しました。

Tezosは2週間で2億3000万ドルを調達してEthereumとの競争相手となりましたが、Bancorというプラットフォームでは1億5000万ドルを調達しました。

彼らの最大のICOであり、BitTorrentより優れたバージョンであると思われるFilecoinは、2億5,700万ドルのICOを調達しました。

金額の比較対象としてスペースXは、再利用可能なロケットを建設して宇宙に送り戻すために、最初の資金調達で2000万ドルを必要としました。

常識的に考えれば、巨大な額をめったに提供しないような伝統的なベンチャー資本家や、特に疑わしいプロジェクトに対しては、ICOはほとんど資金を調達することができません。

これは自動的にすべて失敗するというわけではありませんが、ほとんどのICOがコードではないプロジェクトを約束しているため、成功する可能性はほとんどありません。

また、GoogleやAmazonなどのサービスやAppleなどのサービスとは異なり、ICOは簡単にコピーして開発後に無料版にすることができます。

■ICOは合法でしょうか?

米国を含む多くの国では、非常に厳しい証券法があります。投資商品が違法なセキュリティを構成するかどうかは複雑な疑問ですが、セキュリティの背後にある技術には依存しません。

Ethereumブロックチェーンとブロックチェーンが一般的に存在する前にセキュリティ法が成立したことは重要ではありません。

■ICOに投資する前に考えること

投資家は投獄の危機に直面することはありませんが、ICOでお金を失う可能性があります。

有価証券の法律は主に発行者に関係しますが、違法証券の作成、マーケティング、取引を手伝う者は刑事責任を負う可能性があります。

もちろん投資家として、トークンの合法性についてはまだ心配しています。

評価するのがずっと難しいのは、プロジェクトがテクノロジーやビジネスの観点から理にかなっているかどうかということです。

投資家として、技術が実現可能かどうか、その用途と市場があるかどうか、プロジェクトが完了する前にトークンの売却が行われる可能性が高いかどうかは自分で評価しなければなりません。

そのためには冷静になり、決して感情的になってはいけません。あなたに失ってもいいくらいの余裕がない限り、多くの投資はしないでください!

https://www.expressvpn.com/blog/what-is-an-ico/