おすすめのVPNとは?管理人がVPNを選ぶ・比較するときの判断基準を5つ紹介。

この記事の所要時間: 34

VPN情報局では、NordVPNやExpressVPNといった様々なVPNを紹介しています。

以下の記事では、ランキング形式でおすすめのVPNを紹介中です。

【2018年版】有料VPNランキング!!日本語対応で紹介中!おすすめはコレだ

今回は、こういったランキングを作る際や利用するVPNの選定に用いている私なりの判断基準を紹介します。

1.通信速度

通信速度はとても重要です。

いくら匿名性が高かったり、料金が安くても、通信速度が遅すぎると使い物になりません。

また、日常的に常にVPNと接続しておく方にとっても、もっとも重視すべき点でしょう。

海外出張でVPNを利用する方にとっても、仕事で大容量のファイルをやりとりする可能性があるため、重視すべきでしょう。

【2018年版】NordVPNの圧倒的特徴!他のVPNとは違う5つのポイント!選ばれる理由はこれだ。

2.匿名性

VPNのサービスによっては、多くの私たちのログを保存しています。

ログをみると、VPNに接続した状態で私たちがどのようなサイトを見たのか? ということが簡単にわかってしまいます。

また、ジャーナリストなどの政治的圧力が加わる可能性がある方にとっては、匿名性が最重要となるでしょう。

当局でVPNの運営元に対して、ログの開示請求を出すことがあります。

この際に、そのVPNの運営元がログを保持していると、そのログを開示しなくてはなりません。

そうすると、あなたのインターネット上での発言などがすべて、把握されてしまいます。

そいったことを防ぐために、ログを保持していないVPNを選ぶことが大切です。

せっかくVPNを使っているのに匿名性がなくなる3つの行動

3.ソフトウェアの安定性

VPNの接続を常時維持するためには、ソフトウェアの安定性ということも大切です。

ネットワーク通信がVPN経由になっているか? ということは、それぞれのVPNサービスが提供している専用ソフトしだいです。

そのソフトが頻繁にクラッシュしたり、利用できないことが多いと、ネットワーク通信がVPN経由ではなく、生IPで通信してしまうかもしれません。

※生IP:VPN経由ではなく直接通信を行ってしまうこと

4.料金

次に、料金です。

月300円~1200円程度、幅があります。

先に述べた、1~3の観点も考慮した上でバランスのとれたVPNを契約するようにしましょう。

VPNを安くするお得な方法・裏技!こうすれば、半額以上で契約できる!?!

また、無料のVPNもありますが、危険性が数多くあるため、おすすめできません。

VPNが無料なんてあり得ない。タダより高いモノはない。痛すぎる代償と危険性

5.日本語対応か否か

ほとんどのVPNサービスは海外で運営されています。

ソフトウェアが日本語に対応しているかということも、重要なポイントとなります。

以下のランキングで紹介しているVPNはホームページが日本語に対応しています。

日本語に対応しているVPNを契約したい方は以下のランキングの中からお選びください。

【2018年版】有料VPNランキング!!日本語対応で紹介中!おすすめはコレだ

以上の観点からおすすめのVPNを選定しています。

他にも以下の記事も参考になるとおもいますので、ぜひごらんください。

VPNを選ぶ際の注意点を3つ紹介!VPNのプロが教えるVPNの選び方【2018年】