【セール特価】

カスペルスキーセキュアコネクションはログを保持してる?危険性は?

この記事の所要時間: 311

今回は、カスペルスキーセキュアコネクションについての解説です。

カスペルスキーセキュアコネクションというVPNはどう思いますか。
調べる限りログ保存してないと主張しています。

というコメントが来ていたので、記事で返信させていただきます。

ロシア運営のVPN

カスペルスキーセキュアコネクションの運営は、日本の「株式会社カスペルスキー」という会社によって運営されています。

公式サイト:カスペルスキー会社概要

ただ、これはあくまでも日本での営業を行うための会社のため、実際の開発やソフトウェアの運用などは「Kaspersky Lab」という会社によって行われています。

この会社の所在地は、「39A/3 Leningradskoe Shosse, Moscow 125212, Russian Federation」と記載されており、ロシアの会社であることがわかります。

ロシアで運営されているVPNは、ロシア政府が運用している検閲サーバーへの接続が必要となっているため、カスペルスキーのセキュアコンテクションも、そういったサーバーに接続されちえる可能性が非常に高いです。

ロシアのVPNに対する検閲要求は以下の記事で解説しています。

【速報】VPNロシアサーバーが閉鎖!NordVPN,ExpressVPNも利用不可。ロシアがVPNプロバイダーに検閲を要求するが拒否。

ログは保持している

まず、カスペルスキーセキュアコネクションの日本の公式サイトには以下のように記載されています。

カスペルスキー セキュアコネクションは通信データやアクセス履歴のログを保存しません。

公式サイト:カスペルスキーセキュアコネクション

ただ、日本語版がでは公開されていない「Kaspersky Online Help」ページに「Application usage restriction」という利用上の制限などが記載されているウェブページがあります。

そのページには以下のように記載されています。

For the purpose of obtaining unauthorized access, interfering with or inflicting damage on the application. Any such violation will be reported to the appropriate authorized executive agencies, and we will assist such agencies in revealing your identity. If such a violation occurs, your rights to use the application will be immediately terminated.

公式サイト:Kaspersky Online Help Application usage restriction(英語)

日本語に翻訳すると、

不正アクセスやアプリケーションを妨害・損害を与えるもくてきで利用した場合、適切な権限を持つ執行機関の要請があった場合には、あなたの身元を明らかにすることを支援する

と記載されています。

つまり、何らかの”インターネット上での行動”と”個人の特定”を行えることを示唆しています。

結論としては、カスペルスキーセキュアコネクションは、利用者のログを保持しているのでしょう。

VPN情報局としては、最も匿名性の高いVPNとしてNordVPNを推奨しています。

NordVPNの特徴と評判・レビューを日本語で紹介!【2020年最新版】速度計測などリアルな声も

コメント

  1. 匿名 より:

    保存してるならそれが盗まれたら大変なので使用しないようにします….
    記事を描いていただいてありがとうございます!

  2. 匿名 より:

    管理人様はどのウイルス対策ソフトを利用しているのでしょうか。
    カスペルスキーはウイルス対策の機能がオンになっているとき、ログを一切保存してないと言っていましたが、今回の記事を拝見してカスペルスキー(日本語版)が言うことが本当かどうかわからなくなりました。

    • 管理人 より:

      Windwosを利用する際は、WindwosDefenderというWindows10以上であれば標準で搭載されているアンチウイルスソフトを利用しております。
      ウイルス対策ソフトも大切ですが、何より、OSや利用しているソフトウェアを必ず最新版にしておくことや、盗まれると問題のあるデータをパソコンに保存しておかないこと。
      また、パソコンの動作をタスクマネージャー等で定期的に確認しておくことをおすすめします。

      ウイルス対策ソフトは、基本的にかなりの数のログを収集していると考えておいた方が良いと思います。

      ウイルス対策ソフトのウイルス検知は、ログの収集によって意味をなしています。
      ある人がウイルスに感染してしまったときに、そのウイルスの動作ログを収集してそのパターンをシグネチャとして大量に保存します。
      その特徴にあう動きが観測されたらウイルスであると通告するといった動作をしているため、そもそもログを取らないウイルス対策ソフトは、どうやってウイルスを検知しているだ?という根本的な問題があります。
      ※一部ファイアウォールなどは除く。

  3. 匿名 より:

    つまり、ウイルス対策ソフトを使えばセキュリティは上がるが匿名性は下がるということでしょうか。

    • 管理人 より:

      ウイルスにかからなければ、ウイルス対策ソフトを利用しない方が匿名性は上がります。

      • 匿名 より:

        しかしながら、ハッカーはIPアドレスに対して攻撃してくるんですよね。
        すなわち、VPNとtorを使いつつ、ダウンロードのときは気を付けていればウイルス対策ソフト必要ないですよね

        • 管理人 より:

          基本的にはそうですね。
          ただ、それでもブラウザの脆弱性などを突かれて攻撃される可能性はゼロではありません。
          可能な限りリスクを抑えるために、定期的にPC自体の初期化を行うのも一つの選択肢かもしれません。

  4. 匿名 より:

    最近VPNに興味を持ち、情報収集している者です。
    よければNortonセキュアVPNについても教えて頂きたいのですが。
    ご検討宜しくお願いします。